台北のMRTでドキドキしながらカタカナ中国語で、切符を買ってみた~旅ログ~

台北MRTインフォメーション

台北MRTインフォメーション

台北駅で、コインロッカーにスーツケースを預け、そのまま道なりに行くと、淡水信義線のMRT改札口がある。

台北のMRTには、悠遊カード(EASYCARD)というカードがあり、乗車料金が20%引きになったり、タクシーにも使える便利なカードがあるのだが、まずは基本、現金でチケットを買ってみようと思った。

窓口にはたくさんの人が並んでいた。とくに高齢者の方が割引になるらしく、列にたくさんいらした。

私の前に並んでいた西洋人カップルの番になって、駅員に「ほにゃららテンプル!」と言っていたが、英語が全く通じず手持ちの路線図を指さして、ようやく通じたようでした。

そうだ、英語でなく中国語で言ってみようと思った。

中国語は、発音の種類がいくつかあって、旅行者の日本人が発音するカタカナ中国語は、全く通じないと聞いていた。

自分も言葉が通じなかったらどうしようと少し不安でいた。

自分の順番になったので、右手にコイン左手に路線図を用意して、ドキドキしながらカタカナ中国語で言ってみた。

「ツァンチェンチニェンタン」

すると、「Memorial Hall?」と言い返され、「One?」と続いて聞かれた。

迷わず、「Yes!」と大きな声で返事した。

なんだ英語通じるじゃんとツッコミ入れたい気分で、駅員が差し出したトークン(切符)を受け取った。

トークンを改札口の機械にSuicaのようにかざす、すると赤い扉がブーンと開いて、通過できるようになる。

バンコクの地下鉄にあるのと色も形似ているが、バンコクほど閉まるのは早くないようだ。

バンコクのそれは、もたもたしているとすぐに赤い扉がしまって、挟まれそうになる。

台北MRTはバンコクより親切だ。

スポンサードリンク