旅の計画を立て、観光するコースをウキウキで計画表にする方法とは

旅の醍醐味

出発前に、家で旅を計画しているときから、すでに旅は始まっていて本当にワクワクしますよね!

飛行機とホテルを決めた後、日程に沿って観光コースを計画していく、その計画表の作り方を説明します。

ツアー旅行でも、フリータイムの計画を立てるときに使える計画方法です。

出発前いつもウキウキでやってます。ですから楽しくて出発前からいつも寝不足なんです。w

ノープランが好きな人もいると思いますが、自分は短期で海外に行く機会が多いので、貴重な海外での時間を1分でも大切に過ごそうと思い、いつもこうしています。

スポンサードリンク

実際の計画の立て方~実践編~

旅の計画の立て方1

まずは、大手旅行代理店が売っているチラシ・パンフレットをもらってきて、「ここは必見観光スポットだな」とか「このホテルはツアーで使うので安心ホテルだな」といったことをさらっと頭にいれます。

次に、インターネットで「台北 観光」などと検索するといろんなサイトがわんさか出てくるので、自分の行きたい観光スポットをチェックしておきます。

次に、お気に入りのガイドブック「タビトモ」を読んだりして、美味しそうなレストランもチェックして、すべて順不同にエクセルのシートに、行きたいところの名前だけをばあっと書き出します。

その時、出発までにしなければいけないこと(たとえば、携帯用ヘアクリームや虫よけ等の買い物や、保険加入等)もTODOリストとしてメモしておくと便利です。また、飛行機の便名や、ホテルの住所、日本大使館の連絡先なども入力しておきます。

次に、ガイドブックの国全体や市内の地図を見ながら、書き出した観光スポットの位置をそれぞれチェックします。

そして、位置・場所が近いどうしでまとめます。

1日目はこことそこ、2日目はどこそこまで、3日目はここで一日観光などとまとめたものをその日ごと落としていきます。順繰りとまわれるよう日程も日ごとに前後したりもしてみます。

行きたいところが多すぎて、時間的に廻れないスケジュールだろうと思っても、ここでは全部入れておいて、フル観光コースを作り上げます。

次に、その日の出発から観光スポットまでや、次の観光スポットへの移動方法・時間等をインターネットで確認し、おおまかなタイムシフトを組んでいきます。その時に、電車でしたら「緑色の何路線に乗って何駅で乗り換え、いくら」とか「ここの間移動はタクシー」ぐらいの情報も入れておきます。

行きたい美味しいレストランも朝昼晩でどんどん入れておきます。

結構入力したり大変に思えますが、実際はネットで検索してコピぺしてどんどんつっこむだけですので、そんなに苦ではないです。

ガイドブックには、ここでタクシーは拾ってはいけないとか、ここが穴場みたいな情報もあるので、そういったことも入れておきます。

これで、大体行動スケジュールが完成します。

Googlemapで何度も歩くと、現地で迷わない。

旅の計画の立て方2

もうここまで来たら、ほとんどこの計画表を実行するのみですが、予定の道程を、事前にGooglemapで歩いてみます。

駅からホテルまで歩くとしたら、Googlemapで歩いてみます。

すると、駅の何番出口からでたらよいのか?とか、この看板があるところを右折しよう!とか、今まで見えていなかったものが見えてきます。

タクシーで移動するところも歩いてみると、高速道路があったり、川があったり、公園があったりと、タクシーに乗っていてこの道で良いか確認できたり、ここもおもしろそうだな行ってみようみたいな発見があります。

私は、出発前は毎日楽しくて、こんなことばかりしてしまうのですが、実際の地図を見たりGooglemapで歩いたりしていると、土地勘もつかめてくるのでいざ現地へ行った時に、地図を開かなくても、これから行くところの方向が大体よめ、方向感覚がつかめるようになります。

行く前に、土地勘がついちゃってるんですね。w

でもこれって、結構いいですよ。

たてた計画は予定。どんな旅になったとしても、それがあなたの旅だ。

旅の醍醐味

私は、このできあがった計画表に「家から出発して何時の電車の乗って」とか、「空港で両替を一万円だけしてSIMカードを中華電信でNT500$で買う」とか、「ホテルを何時にチェックアウトして駅に徒歩で向かって5分」とか、細かいところまで入れ込みます。

そして、出来上がった計画表を自分で自分にメールをして、そこからダウンロードして、いつもスマホで見れるようにしておきます。DROPBOXなどのクラウドサービスに入れておいてもいいでしょう。

こうすることで、旅の途中でガイドブックを街中で開くことなく旅をすすめられます。おのぼりさんになりません。w

実際に、スマホを開いて地図や計画を確認する行為は、都市部では、今となっては周りに同じことをしている人もたくさんいるので、周囲にまぎれます。

スリやかっぱらい等治安が悪い国は注意して、目立たないところで確認しましょう。

出来上がった計画表は、フルに楽しむ観光計画なので、その時の気分やタイムスケジュールで、行きたい候補をチョイスしたり変更したりしていきます。候補をたくさん挙げておいたことで、そこで調べたりする時間がはぶけ、時間を節約できます。

計画通りにいけば、なかなか充実した旅になるのではないでしょうか。計画どおりにいかなくてもそれも旅の醍醐味です。ぜひ自分色の計画を立てて、出発前からワクワク楽しんでください!

スポンサードリンク