台湾でLINEが使えるの?

台湾でLINEは使えるの?

台湾でLINEは使えるの?

先日、「来週台湾へ行くけど、台湾でも日本と同じくLINEが使えるの?」と尋ねられました。

中国がインターネット規制をしているのと認識がごっちゃになっているのだと思いますが、台湾ではそのようなインターネット規制がありせんので、普通にLINEが使えます。

ですので、日本で皆さんがLINEを使えているのと同様に、台湾国内でもトークしたりスタンプを送ったり、もちろん無料通話やビデオ通話もできます。

台湾から日本の家族に国際電話でかけるより、LINEの無料通話でかけた方が、無料(厳密にはデータ使用量がある)なので断然良いです!

スポンサードリンク

テキストベースのやりとりでしたら無料WifiのTaipeiFree!

LINEトークぐらいの、テキストベースのデータやりとりでしたら、台湾国内に散在する無料Wifiでもぜんぜんいけます。

→台湾の無料Wifi「TaipeiFree」の登録方法を公開!簡単!

それに加えて、無料通話をするにはある程度のデータ量が必要になってきますので、無料Wifiだと安定しません。

TaipeiFreeは地元の台湾人の方も使っていますし、回線が細いのか私が使用したときは安定しませんでした。ホテル等の無料Wifiの方がぶちぶち切れずにまだましでした。

今はSIMカードでデータ通信が良い

台湾旅行中により安定したインターネット環境を確保するには、ホテル等の無料Wifiを使うよりSIMフリーのスマホに、空港等で入手できる旅行者用のSIMカードを買って挿すと環境がよりいいです。

Wifi機器レンタルもありますが、旅行中持って歩くのに荷物になるし、借りたり返したりの手続きが面倒だったり、今はもうSIMフリー端末にSIMを挿すデータ通信の方法がスマートです。SIMカードはほとんどが使い捨てです。

SIM回線は電波使用状況が最新の周波数を使用しているため、非常に安定しています。ほとんどの台湾キャリアがLTEも対応しています。

LINEだけでなく地図アプリやデータ量を多く使用する動画閲覧などもバッチリ使えます。台湾の空港でSIMカードを販売している電話会社によっては、窓口でSIMを入れたり、設定までしてくれるので、安心して使えます。

私は今回中華電信にしました!

※台北桃園空港でのSIMの購入方法については以下の記事を参考にしてください。

→台北桃園空港の中華電信でSIMカードを購入する。実践編

手続きしてその場ですぐ開通し、使えるようになりますので、LINEも思う存分できますし、これから始まる台湾旅行のために地図で場所を検索したり、翻訳したり、情報も日本で下調べして使っているのと同じように使えます。

楽天などで探せば一万円台の端末もあります

ドコモとかソフトバンクのAUのキャリアの方は、海外用にSIMフリーのスマホを楽天通販などで購入されてからいくとよいです。

→SIMフリー端末を楽天通販でチェック!

よく探せば、一万円以下でもSIMフリー端末を購入できます。以前行った時は端末が高かったので、台北で買おうと思っていましたが、現地だと何を買ったらいいのか、結局よくわからなかったので、現地で購入しなくても事前に調べて買って持っていった方が安心で、今は安くなっています。

あまり使わないという方も、端末の予備として使えると思いますし、私は格安スマホのIIJに家族全員変えてしまいましたので、全員SIMフリー端末です♪

息子がこんなことも言ってました

息子がこんなことを言ってました。

「台湾に海外旅行に行って国境を超えると、中国語のインターネット環境に入るので、LINEが中国語表示になって解読不能で分からなくなって使えないのでは?」

子供ながらですけど、自分もちょっとんー?なんて思ってしまいました。

そういうことはありませんで安心してください。(笑)

中国語に文字化けもしません。(笑)

台湾の人もLINE大好き

台湾人も日本人と同様LINEが大好きで、MRTの中とか日本の状況と同じです。若者はスマホにかじりついて見ています。

時折、ピーコン!っていう音が鳴ったりチーン!ていうあのSNS系特有の音が聞こえます。

FaceBookやインスタの方も大好きでやっている人も多いです。フレンドリーな気質の方が多いのでID交換とか積極的にふるまえば対応してくれる方も多いと思います。

スポンサードリンク