台北駅の地下でコインロッカーの使い方をお姉さんに教えてもらう~旅ログ~

スポンサーリンク




相変わらず台北駅の地下にも人はわんさかいて、行きかっていた。

そう、台湾の中心地であるから当たり前だ。

コインロッカーにスーツケースを預け、早く出かけよう。

階段を下りたすぐ目の前に、コインロッカーはあった。しかしすべて使用中。

他に見回すと、壁際にかなりの数のコインロッカーがあることが確認できた。その一つへ向かった。

早速スーツケースを入れてお金を入れようとしたが、表示が中国語で使い方がよくわからない。

それでも何度かトライしてみたが、鍵がかからない。

使い方がわからず、どうしたものかと困っていると、すぐ隣りにお姉さんがいることに気付いた。

おっ、そうだお姉さんに聞いてみよう。

旅の恥はかき捨て、こういう時は積極的になれる自分がいる。

日本にいる自分では、あまり考えられない。

「Sorry,teach me please how to use it.」とか適当に言ったら、「Can you speak English?」と聞き返してくるので、

「A little.」というと、「O.K.」で説明が始まった。

私が、扉を開けて、スーツケースを入れようとするとNO!NO!と言われた。

どうも自分の使い方が間違っていたらしい。

結局、お姉さんに全部やってもらい、レシートをもらい無事終了。

「謝謝。」と礼を言い、チップでも渡そうと思ったが、台湾では逆に失礼にあたるというのを思い出し躊躇していると、たたーっと足早に去っていってしまった。

台湾におんぶにだっこの自分。

少しわるいなあという気持ちと、コミュニケーションがとれ嬉しい自分、そんな気持ちが入り混じった妙な気分でいた。

さあ、これから中正紀念堂に向かおう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク