台湾でのいちばん良い両替方法は?~失敗談から学ぶ~

スポンサーリンク




台湾銀行 両替 台北桃園空港

Peachは台湾桃園空港の第1ターミナルに着きます。

入国審査も終えて預け荷物などなければ、そのまままいざ出発という時に、持つべきものがないとだめですよね。ですので、とりあえず少額でもすぐに両替となります。

荷物受取所のターンテーブルの周辺にも、何軒か外貨両替はありますが、大体どこもすでに長蛇の列ができていたりします。

そんな時は出口を出てしまっても大丈夫。出口を出て右側の壁際にすすむと、台湾銀行の外貨両替があります。ここでも両替できます。

ATMもあるので、ATM操作ができる人はここがいつも空いてます。

スポンサーリンク

台湾で絶対失敗しない銀行での両替方法

ここで私が経験した失敗談も含め、両替のポイントをまとめておきます。

両替は、旅行前に日本で替えてくると、どこの銀行もレートが高いのでしない方がいいです。台湾に着いてから両替する方がレートがよいです。

市内に出ると各銀行で手数料とレートに違いがあるので、どこも同じではありません。

市内では、富邦銀行、花旗銀行、第一銀行、大眾銀行がおおむねレートが良く、手数料も無料です。

銀行は市内のいたるところに点々としていますので、もし上記の銀行が滞在先の近くにあったら、そこで両替することをおすすめします。

多数ある銀行の中でも、中国信託はレートがいいですが手数料がいちばん高いので選択しない方がよいです。

私が滞在した印象ですが、観光メインの他のアジア諸国と違って、外貨両替のお店はそんなにありません。

銀行営業時間は9時~15時半です。夜間は、カードによるキャッシングが便利です。レートは銀行に比べ悪いですが、ATMは各所にたくさんあります。GoogleMapで検索すると銀行と一緒にたくさん出てきます。

基本、銀行両替を利用するのが、ベターな方法です。

実話に基づく私が失敗した両替の話

台北 富邦銀行

事前に調べて、私が滞在した場所の近くに富邦銀行があったので、あてにして行ったところ、土日祝日でお休みでした。

旅の予定を立てるときに注意していればよかったのですが、経験してわかったことでした。

サラリーマンですので、土日祝日を絡めてお休みを取って旅行にでかけるのは、仕方ないことでした。

短期の旅行で、スケジュールもタイトなんで次の日に移動もしなくてはいけないし、どうしようと困ったときに現地の人が教えてくれたのは、郵便局でした。

市内の郵便局(郵局)は、大体日本と同じ、要所要所にありました。

でも帰ってきてわかったんですが、郵便局のレートはどこの銀行よりも悪かったです。w

台湾では空港の銀行で一発両替が良い

台北 郵局 郵便局

旅の途中で両替しようとおもったら、銀行の銘柄にかかわらずどこの銀行でも(中国信託は除く)飛び込んだ方が、郵便局よりレートは良いでしょう。

しかし、短期の旅行でちょこちょこ両替するのは、銀行を探したり、お目当ての銀行がなくて探したりと時間と労力ばかりかかり、時間がもったいないです。

短期の旅行でしたら、旅の予算を決めて、空港で着いた時に少し両替し、市内の上記おすすめの銀行でまとめて全額変えてしまうか、完璧に予算が立っていたら、着いたときに多少レートは悪いですが、空港で全額両替するのがいいと思います。

でも計画的にいかないのが旅ですよね。私は計画どおりにいかず、ちょこちょこ郵便局で両替してました。w

郵便局のポストは、常に2個設置してあって、左側の緑が国内専用で右側の赤がエアーメールと速達専用になります。

台湾の郵便局で現地の人のやさしさにふれる

台湾 やさしい 人々

場所がわからず、つたない英語や台湾語で道を聞くと「ここは裏口だ。この向こうに行け」と大げさなジェスチャーで教えてくれたおっちゃん。

郵便局の中に入ってわからないのでおろおろしていたら、ここじゃなくて隣の建物の方が両替できると教えてくれて、ちょっと待ってといって自分の仕事を切り上げて、一緒に連れて行ってくれたお姉さん。

他の町で勝手がわからず、郵便局内の待合の席にすわってボーとしていたら受付の紙を取ってくれた若いあんちゃんと、台湾の人々はみんな親切でした。

無料の冷たい水もあって生き返りました。

そんな感じで、郵便局で台湾の人々のやさしさにふれることができた体験でしたので、レートがいちばん悪くても、今となっては良い思い出です。w

両替にはパスポートを持参することを忘れないでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク