沅陵皮鞋街は、ヒト・モノ・カネがいきかう、まさにカオス~旅ログ~

スポンサーリンク




沅陵皮鞋街

點水樓でビールと小龍包を食べて、お腹いっぱいになったので、支払いをすまして店をでて、来るときに気になっていた通りへと歩いて向かった。

入口には、「行人徒歩區」と漢字で看板に書いてあった。これは多分、歩行者天国の意味だろう。

入口からたくさんの人々が集まっていて、活気があって声が行きかっているのがわかった。

ちょっと覗いてみよう。

スポンサーリンク

沅陵皮鞋街

沅陵皮鞋街

入り口付近にでっかい赤い婦人靴のオブジェがあった。

なんだこれはと思いながら、すすむ。

なるほど靴屋さんばっかりある通りだ。

両脇に靴屋さんがいっぱい並んでいるが、その前の道路にでみせの屋台がたくさん並んで、威勢よくお客さんと何か掛け合いをしている。

その後ろで、真剣に品定めをするおばちゃんたちがたくさんいて、屋台に群がっている。

人がたくさんいて歩けないほどだ。

途中からサンダルや靴だけでなく、食べ物やジュース、乾物などの屋台が増えてきた。

ものすごく安い衣料品やアクセサリーの屋台もでてきて、ごちゃごちゃになってきた。

まさにカオス。

混沌としていて、人々の勢いと活声がすごくて歩けない。

ヒト・モノ・カネがいきかう、まさにカオス。

バーゲンセールの時の、日本みたいだ。

何も買うことなく、200mくらいの通りをやっとの思いで抜け、ふうーとため息をついた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク