國立故宮博物館へ白菜と角煮を見にタクシーで行く~旅ログ~

スポンサーリンク




故宮博物院第一展覧エリア

MRT士林駅よりタクシーにのって、國立故宮博物館へ向かいました。

駅で客待ちしているので、すぐにのることができます。

15分か20分位で、B1の地下入口にタクシーはつくので、そこから上に上がります。

チケットカウンターやオーディオガイドの貸し出しがあり、そこから入場します。

スポンサーリンク

圧巻の所蔵品と展示品の数々

故宮博物院第一展覧エリア

所蔵品は、書・絵画・玉・陶磁器・工芸品・青銅器などがあり、その数は686,000点にのぼるとも言われ、その中の常時6,000~8,000展示しています。

展示品がありすぎて、真剣に見て回ると一日あっても時間が足りないくらいです。

自分の足でジックリ見ても3時間くらいかかりました。

館内は撮影禁止なので、中の様子をお伝えすることはできませんが、私がどうしても見たかった展示品は、

豚の角煮の「肉形石」

白菜の「翡翠白菜」

でした。

けれども、今回、国立故宮博物院南部院区のオープンにより、そちらで展示をしていて翡翠白菜は見ることができませんでした。

うーん見たかったです。

第二閲覧エリア

国立故宮博物院第二閲覧エリア

ひととおり見終えて、外に出ると同じような建物が見え、ガイドブックに第二閲覧エリアと書いてあったので、何か展示してあるのかと思い行ってみることにした。

けれども、そこでは職人が昼寝をしていて、展示をしている雰囲気はまったくありませんでした。

中に入ると、工事中で展示は何もしていませんでしたので、おトイレだけ借りてすごすごと出てきました。

階段を下りて、正面の門のところへ来ました。

ここのタクシー乗り場は危ない!利用しない!

故宮博物院天下為公アーチ

ここからすぐの、観光バスなどが停まっている正面口にタクシーが客待ちしていますが、ここのタクシーは乗らない方が無難です。

なかに危ないタクシー運転手がいます。

日本語ペラペラで、一日チャーターでいくらなどと安い金額で交渉し、その代り兄妹のお茶屋へ行ってくれと頼まれ、お土産ウーロン茶の高い買い物をさせられてしまうという手口です。

最後まで詐欺とわからず、だまされてしまう日本人もいますので、注意してください。

タクシーは上の来た人が降りたところで拾うか、館内のインフォメーションに頼んで職員に呼んでもらうのが賢明です。

近くのカフェの牛肉麺はさっぱりめ

故宮博物院正面入口カフェ

ここの危ないタクシー乗り場の近くにカフェがあります。

ちょっと休むのに、最適でお土産も売ってます。

食べ物は牛肉麺だけあるみたいなので、食べてみました。

あっさりして、お肉のしつこさもなく、するっと食べられる感じでした。

金額忘れたけど観光地価格で高かったです。

おばちゃんの英語がさっぱりわからなかったですが、「うちの牛肉麺はおいしい。」とか言ってる感じで、おしゃべりしました。w

牛肉麺

スポンサーリンク
スポンサーリンク