吉星港式飲茶は台湾のローカルフード!飲茶

スポンサーリンク




吉星港式飲茶は24時間営業で、ファミリーレストランのように台湾庶民に人気のある飲茶レストラン。いつ行っても大体並んでますが、回転が早いのでそんなに待たずに入る事ができます。

飲茶をワゴンで運んで廻るのではなく、注文を受けてから調理する方法ですので、温かくおいしい飲茶がいただけます。

スポンサーリンク

吉星港式飲茶の行き方

MRT中山駅から、南京東路一段を東に5~6分歩いたところのビルの2階です。

中山駅から歩くと、林森公園が左手に見えてきます。

信号を渡って、角にマクドナルドが入っているビルのつぎのビルの2階です。

マクドナルドが入っているビルに入口があって、間違えて入る人が多いみたいで注意書きが書いてありました。

私も間違えました。(笑)

この入口を通り過ぎていくと、吉星港式飲茶の看板が出てきますので、そこを2階に上がります。

店内は地元台湾ローカルと日本人観光客で満席

2階にあがると、受付で二組ぐらい待っていましたが、すぐに入れました。

まずは、台湾啤酒!

店内の雰囲気は、満席状態でカップルから家族まで台湾ローカルの人と日本人観光客でいっぱいです。

最初にテーブルの上に置いてある3品は食べても食べなくてもいいとのことで、ウェイトレスさんが聞いてきますので、さげてもらいました。

メニューはたくさんあって選ぶのに大変

メニューに目を通しますが、いろいろありすぎてどれも食べたいもので選ぶのが大変でしたが選びました。

ある程度の日本語が書いてあります。

ビールを半分飲んだところで料理が来ました。

まず最初がこれ、鼓汁大鳳爪。

にわとりの足ですね。

西門で若い子がファーストフードのように行列で並んでいて、ムシャクシャと食べていたので、自分も食べてみようと思い注文しました。

味は、コラーゲンたっぷりで甘辛な味付けがビールに合い、最高でした。

箸で食べるのが面倒になって、手で食べましたがべとべとになりました。(笑)

次に、水晶蝦餃皇。

醤油をつけなくても、エビの味がしっかりしていて味わえます。

次に、脆炸巻三拼。

3つの種類が食べられるので、選びました。

どれだか忘れましたが、蝦がぷりっぷりでめちゃめちゃおいしかったです。

リピートしたかったです。絶品です。

最後に〆で、海鮮乾焼伊麺。

そんなに濃い味ではなかったんので、食がすすみました。

でもこれは、ひとりで食べるのじゃなくて3~4人でシェアするメニューです。

結構食べましたが、全部食べれませんでした。w

お土産に持って帰れば良かったです。

お会計はそんなに高くないかな?

かなり満腹になりました。

台湾に来てから、お腹いっぱいがずうっと続いていて、帰国してからの体重計が気になります。w

お会計は、よく食べた割には高くないかなという感じです。

味もおいしいしこの値段ならまた行きたいです。

スタッフもテキパキと動いて気持ちいい

店内では、忙しそうにスタッフさんがセイロを何枚も重ねたりして、右往左往しています。

お客が帰ると、すぐさま次のお客を迎えるよう、さっさとお皿を片付けてクロスを整え、新しい食器とメニューをセットします。

お店のスタッフもテキパキとしていて、きびきび動いていますのでお客の回転率が良く、サービスも特に問題ありません。

台訪の際は、吉星港式飲茶へもう一度行きたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク