蓮池潭の北極玄天上帝像で大音響でカラオケしているおっちゃんたち~旅ログ~

スポンサーリンク




高雄にある北極玄天上帝像は、巨大で蓮池潭の中でもひときわ目立ちます。

私は昼間に行きましたが、夜にはその姿がライトアップされ、かぶりものがカラフルに光ってまた違う雰囲気になりますので、時間があれば夜にも行ってみたいところです。

亀と蛇を踏んづけている北極玄天上帝像のたもとの池には亀がたくさんいますので、のぞいてみてください。

玄天上帝は、中国の四神の一つである玄武のことを言い、北を守る神様です。

玄という字に黒という意味があり、黒服を着た姿でよくみられるが、像は金ぴかです。

水の神様ですが、武術や不老長寿、子孫繁栄の神様でもあります。

スポンサーリンク

玄天上帝像の向かいの護安寺

蓮池潭のほとりを歩いていくと、玄天上天像の前に護安寺というお寺があります。

護安寺は近代的なビルをお寺にしたようなつくりになっています。

この前に見た天府宮のインパクトが強すぎて、食傷気味になり護安寺の中へ入る気があまりしませんでしたので、そのまま玄天上帝像へ向かうことにしました。

護安寺の前で、尼さんが隣の屋台の前にいました。

パイナップルがたくさん並んでいましたが、買うのでしょうか。

左営元帝廟

護安寺の横にある路地のもう一本左の路地(元帝路)にアーチがあり、ここを入った奥に左営元帝廟があります。
左営元帝廟が、玄天上帝像の本殿になります。

左営元帝廟は本殿の屋根の細工がすごい装飾です。

観光客はあまり来ないみたいですが、時間がありましたらぜひ寄ってみてください。

北極玄天上帝像入口門の横にカラオケ舞台があります。

入口には立派な門があります。

門をくぐると、向って左のほうに舞台があり、大音響でカラオケを歌っているおじさんがいました。

大音響で昼間から気持ち良さげでに歌ってます。地元のおっちゃんたちがいつもここで歌っているようです。

クレイジージャーニーという松本人志さん、バナナマン設楽さん、小池栄子さんが出演している番組で、佐藤健寿さんが台湾へ行った回で、台湾ではお葬式の時にセクシーダンサーなどを呼んで派手に盛り上げる変わった風習があるということでした。

法事やお葬式のときもここの舞台でみなさん歌うのでしょうか。

玄天上天像の内部は二階へ上がれます。

玄天上天像までは橋がかかっていて少し距離があります。

途中の両脇には36神将の像があります。

ほどなくあるくと亀と蛇を踏んづけた大きな玄天上天像が迫ってきます。

入口が前に自動おみくじ機があります。

なかでは、1人の男性がお祈りしていました。

内部はがらんとしており、木彫りの蛇が祀ってあります。

両脇から二階に上がる事ができ、二階にも玄天上帝像が祀ってあります。

出入り口付近にはお供え物みたいなもの?がたくさん並んでいました。

そこでは、お土産のキーホルダーなども売っていました。

玄天上帝像から戻る

戻るため玄天上帝像を出ると、向こうに護安寺が見えました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク